今回は、何年か前に話題になった芸人・又吉 直樹の芥川賞作品です。私に読書を勧めてくれた人に、だいぶ前に読んでみたらといわれた一冊です。火花文藝春秋 (2015/3/11)又吉 直樹   (著)主な内容売れない芸人・徳永が、師として仰ぐべき先輩・神谷に出会い、そのお笑い哲学