本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

ブック

【あ行】・あらゆる場所に花束が…・イラスト図解 医療機器と検査・治療のしくみ・宇宙の始まりと終わり・宇宙は何でできているのか・NHKここが聞きたい! 名医にQ 乳がんのベストアンサー・NHK出版 病気がわかる本 心房細動に悩むあなたへ 改訂版・炎上する君・おかあさん、

今回は、ビジネス関連の本。表紙を見て、そのシンプルさに非常に興味を惹かれて、手にとってみました。箇条書きに関する一冊です。超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術ダイヤモンド社 (2016/6/17)杉野 幹人   (著)主な内容日本では軽視されがちな箇条書き
『【経済】超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術』の画像

今回は「図解雑学」シリーズから一冊手にとってみました。震災以降、何かと話題が尽きない原子力に関する本です。図解雑学 原子力 (図解雑学シリーズ)ナツメ社 (2002/09)竹田 敏一   (著)主な内容震災以前は日本の基盤エネルギーとなっていた原子力。原子の構造から原子核
『【物理】図解雑学 原子力』の画像

今回は、自分だけでなく身内などがガンになったときなどに必要になる情報が記載されている本を、手にとってみました。身近な人ががんになったときに役立つ知識76ダイヤモンド社 (2016/11/18)内野 三菜子 (著)主な内容病院選びから手術などの治療法、またその際にかかる治療費
『【医療】身近な人ががんになったときに役立つ知識76』の画像

今回は、たまたま見かけて気になって手に取った一冊です。いわゆる「科学的」とはどういうことかを解説している本で、非常に興味をそそられました。科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)幻冬舎 (2011/6/29)森博嗣   (著)主な内容科学とは何か。オカルトなどの非科学が横
『【科学】科学的とはどういう意味か』の画像

電子工作を学び始めたので、今後の趣味として電子工作をしていけたらと思い、今回は電子楽器を自作するための本を手にとってみました。楽しい電子楽器 自作のススメオーム社 (2008/12)米本 実   (著)主な内容音や電気・電子楽器の歴史から始まり、電子工作で楽器を作るとこ
『【工学】楽しい電子楽器―自作のススメ』の画像

再び「ガン」に関する本です。今回はガンを病理医の目線から見た内容の一冊です。近年、検診精度の向上により治療の必要が無いガンまでもが、早期治療ということで治療の対象になっているそうです。そういった部分を深く掘り下げ解説しているようなので、手にとってみました
『【医学】その「がん宣告」を疑え 病理医だから見分けるグレーゾーン』の画像

少し前に憲法九条を見直すというのが話題になっていましたが、今回はその九条に関する一冊です。たまたま見かけた際に気になって手にとってみたのですが、自分自身、九条に関する知識があまりなかったので、この機会にと思い読んでみることにしました。九条を読もう! (幻冬
『【憲法】九条を読もう!』の画像

少し前に、ネットワークの入門編となる部分を勉強したので、その復習を兼ねてネットワーク関連の本を選んでみました。LINEやSNSがある今の時代にとって、メールはやや廃れつつありますが、それでもビジネス用途などでは主力のツールといえます。そんなメールに関する一冊です
『【通信】メールはなぜ届くのか』の画像

心房細動の情報というよりかは、抗凝固薬のワルファリンに関する情報がほしくて手にとってみました。ワルファリン自体は脳梗塞関連の薬ですが、心房細動から生じる心原性脳梗塞対策のための摂取情報が記載されているようだったので、気になっていました。NHK出版 病気がわか
『【医療】NHK出版 病気がわかる本 心房細動に悩むあなたへ 改訂版』の画像

今回は、何年か前に話題になった芸人・又吉 直樹の芥川賞作品です。私に読書を勧めてくれた人に、だいぶ前に読んでみたらといわれた一冊です。火花文藝春秋 (2015/3/11)又吉 直樹   (著)主な内容売れない芸人・徳永が、師として仰ぐべき先輩・神谷に出会い、そのお笑い哲学
『【小説】火花』の画像

今回は物理に関する疑問をQ&A形式で解説している一冊です。シリーズもののようで、科学とかもあるようです。読んでなっとく物理の疑問 ~科学の不思議が楽しくわかる~ (教えて!左巻先生)技術評論社 (2009/12/17)左巻 健男 (著, 監修, 監修)主な内容OKWaveに掲載された科学系の
『【物理】読んでなっとく物理の疑問 ~科学の不思議が楽しくわかる~』の画像

↑このページのトップヘ