本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

医学

身内の病気の関係で、腎臓病と透析に関する情報が必要になったので、まずは分かりやすく全体的な情報が網羅されている本を手にしてみました。図解でわかる腎臓病―腎臓を守る2週間メソッドつき (徹底対策シリーズ)主婦の友社 (2012/3/7)川村 哲也 (監修)主な内容腎臓病の検査
『【医療】図解でわかる腎臓病―腎臓を守る2週間メソッドつき』の画像

再び「ガン」に関する本です。今回はガンを病理医の目線から見た内容の一冊です。近年、検診精度の向上により治療の必要が無いガンまでもが、早期治療ということで治療の対象になっているそうです。そういった部分を深く掘り下げ解説しているようなので、手にとってみました
『【医学】その「がん宣告」を疑え 病理医だから見分けるグレーゾーン』の画像

今回は、乳がん・卵巣がんの遺伝についての書籍です。ガンは遺伝するという噂がありますが、乳がん・卵巣がんの遺伝について遺伝子レベルでの情報を得るため手にとってみました。乳がんって遺伝するの?主婦の友社 (2013/9/25)山内 英子 (著),    吉野 美紀子 (著)主な内容
『【医学】乳がんって遺伝するの?』の画像

今回の「ガン・抗がん剤」関連の本は、写真や図が多く掲載された一冊です。目で見る形で、ガンについての知識を得る内容となっています。手術、抗がん剤、放射線治療などの長所短所が記されていて、特に放射線に関する情報が豊富です。 ビジュアル版 がんの教科書 三省堂 (20
『【医療】ビジュアル版 がんの教科書』の画像

今回は、実際に化学療法を行う際に生じる問題、副作用やライフスタイル、またお金に関することがひとまとめになって解説されている本です。最前線で治療に取り組んでいる、ガン専門の薬剤師や看護師などのインタビュー記事も記載されています。 がんを薬で治す 抗がん剤・分
『【医療】がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤』の画像

今回手に取った本は、ガンを薬で治すとはどういうことか?という部分に焦点を当てた一冊です。近年目覚しい成果を挙げている「分子標的薬」を中心に、慢性骨髄性白血病などの例をあげながら一般の人にも分かりやすく解説されていて、他の医学・薬理学書とは少し違った雰囲気
『【医学】「がんをくすりで治す」とは?―役に立つ薬理学』の画像

今回は、いままでのガン関連とは少し変わって、医療機器に関する一冊です。ガンなどの医療の本を読んでいくうちに、医療機器に関しても少し気になってきたので、イラスト付きで分かりやすそうだった本書を手にとってみました。 イラスト図解 医療機器と検査・治療のしくみ 日
『【医療】イラスト図解 医療機器と検査・治療のしくみ』の画像

前回の「どうせ死ぬなら「がん」がいい」とは対極的な、がん治療に関する本「40歳からの女性の医学」シリーズから「乳がん―早期発見から納得した治療まで」を手にとってみました。今まで読んだ「ガン・抗がん剤」関連の本と同じようなことが書かれていますが、本書では特に4
『【医療】乳がん―早期発見から納得した治療まで (40歳からの女性の医学)』の画像

↑このページのトップヘ