本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

新書

少し前に憲法九条を見直すというのが話題になっていましたが、今回はその九条に関する一冊です。たまたま見かけた際に気になって手にとってみたのですが、自分自身、九条に関する知識があまりなかったので、この機会にと思い読んでみることにしました。九条を読もう! (幻冬
『【憲法】九条を読もう!』の画像

少し前に、ネットワークの入門編となる部分を勉強したので、その復習を兼ねてネットワーク関連の本を選んでみました。LINEやSNSがある今の時代にとって、メールはやや廃れつつありますが、それでもビジネス用途などでは主力のツールといえます。そんなメールに関する一冊です
『【通信】メールはなぜ届くのか』の画像

久々の物理の本です。数学や物理が好きなので、そっち系の本を探しているときに見かけ、タイトルに惹かれて手にとってみました。宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)幻冬舎 (2010/9/28)村山 斉 (著)主な内容全ての星と原子を足しても宇宙全体の重さの4%にしかならず、残り
『【物理】宇宙は何でできているのか』の画像

今回の「ガン、抗がん剤」シリーズは今までとは違い、反医療とでもいうかガン治療否定派のような一冊です。特にその分野でも有名な「近藤誠」と「中村仁一」の対談形式の本を手にとってみました。 どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書) 宝島社 (2012/10/9)近藤 誠  
『【医療】どうせ死ぬなら「がん」がいい』の画像

↑このページのトップヘ