本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

絵本

今回は、久しぶりの絵本です。子供のころ、絵本の表紙が非常に印象的だった記憶があります。今見ても、これが幼児向けの絵本なのかと思うほど、インパクトがあります。 ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4) 福音館書店 (1969/11/20)せな けいこ (著)主な内容夜の9時を告げ
『【絵本】ねないこだれだ』の画像

私が子供の頃に読んだ絵本の中で、一番印象的で好きだったお話が「かさこじぞう」でした。読書を始めたので、この機会にもう一度読んでみようと思い手にとってみました。 かさこじぞう (むかしむかし絵本 3) ポプラ社 (1967/05)岩崎 京子   (著),    新井 五郎 (イラス
『【絵本】かさこじぞう』の画像

今回は絵本です。私が小さい頃、タイトルと絵の奇抜さでかなり話題になった「となりのせきの ますだくん」です。当時、女の子と怪獣の表紙がなかなか異様で、設定も小学校だったこともあり、いろいろと話題になった記憶があります。 となりのせきの ますだくん (えほんとなか
『【絵本】となりのせきの ますだくん』の画像

再び息抜きを兼ねて、絵本です。今回は、子供の頃すごく力強い絵が印象的だったお話「三びきのやぎのがらがらどん」です。たまたま目にしたので、久しぶりに手にとってみました。 三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ) 福音館書店 (1965/7/1)マーシャ・ブラウ
『【絵本】三びきのやぎのがらがらどん』の画像

今回は、少し息抜きを兼ねて絵本です。私に本を勧めてくれた方が少し前に読んだと話していて、私も子どもの頃、たしかNHK教育テレビだったと思うのですが、この絵本の読み語りをやっているのを見た記憶があり、この本を手にとってみました。 100万回生きたねこ (講談社の創作
『【絵本】100万回生きたねこ』の画像

↑このページのトップヘ