心房細動の情報というよりかは、抗凝固薬のワルファリンに関する情報がほしくて手にとってみました。ワルファリン自体は脳梗塞関連の薬ですが、心房細動から生じる心原性脳梗塞対策のための摂取情報が記載されているようだったので、気になっていました。

NHK出版 病気がわかる本 心房細動に悩むあなたへ 改訂版 (NHK出版病気がわかる本)
NHK出版; 改訂版 (2016/1/22)
山下 武志 (著)

主な内容

心臓が細かく震えることで血の塊ができ、それが脳の血管に詰まることで脳梗塞を引き起こす「心房細動」。その心房細動に関する薬や治療の長所・短所などを分かりやすく解説している一冊です。

感じたこと

挿絵や写真などはあまり多くはありませんが、要点などを大きな文字で記述し、かなり見やすくまとめられていると。感じました。多くの年代の人が読むことを想定していると思われる箇所がいくつもあり、読みやすさにも重点が置かれていると思います。ほしかったワルファリンに関する情報も、心房細動という視点からですが、いろいろと知ることができました。

終わりに

心房細動の危険性や心室細動との違い、薬や手術などの治療法、そしてその治療法をどのようにして選択し実行するか。心房細動に不安や疑問を感じている人向けに、非常に読みやすくまとめられた一冊だと思います。