今回は、何年か前に話題になった芸人・又吉 直樹の芥川賞作品です。私に読書を勧めてくれた人に、だいぶ前に読んでみたらといわれた一冊です。

火花
文藝春秋 (2015/3/11)
又吉 直樹   (著)

主な内容

売れない芸人・徳永が、師として仰ぐべき先輩・神谷に出会い、そのお笑い哲学に心酔しつつ別の歩むことに。神谷に「俺の伝記を書け」と命令され、書きしたためた神谷のお笑いに対する想い。人間の存在の根本を見つめた一冊です。

感じたこと

読む前に、終わり方が中途半端だと聞いていたのですが、読んでみてそれがハッキリとわかりました。前半から中盤にかけては、まるで実話のような描写にもかかわらず、終盤は何でそういう流れにしたんだろうかと思うほど、ずれた方向に向かっている気がします。全体的にはなかなかおもしろかっただけに、もっとしっかりまとめてほしいかなといった印象です。

終わりに

一世を風靡した話題作だけに、かなり期待していたのですが、事前に聞いていた通り、若干中途半端な感じがいなめません。とはいえ、本人が芸人であることを踏まえると、やはり主人公の芸人としての思いが、とてもリアルに描かれているように感じます。普段あまり小説は読まないので、、私自身は世間の評判よりかは楽しく読めました。