今回は、乳がん・卵巣がんの遺伝についての書籍です。ガンは遺伝するという噂がありますが、乳がん・卵巣がんの遺伝について遺伝子レベルでの情報を得るため手にとってみました。

乳がんって遺伝するの?
主婦の友社 (2013/9/25)
山内 英子 (著),    吉野 美紀子 (著)

主な内容

乳がんのリスクを避けるために乳房切除したアンジェリーナ・ジョリーのニュースを聞いて不安を募らせている人も多いのでは?実際には、遺伝性の乳がんは5~10%とされています。遺伝性のガンかどうかを知るための遺伝子検査を受けるための基礎知識などを解説しています。

感じたこと

遺伝子レベルでの解説、表や図などを用い実例などを挙げての詳細な説明。乳がん・卵巣がんの遺伝についての情報が、かなり詰まった一冊だと思います。特に家系図を使った実例の紹介は、非常に分かりやすかったです。また、遺伝が認められた場合のリスクなども詳しく載っていて、ただ受ければいいと言うものでもないということも、初めて知りました。

終わりに

ご自身が乳がん・卵巣がんに罹り、子供たちへの遺伝を心配している方、また家族にそういったガンを患った人が複数人いて、遺伝しているかもしれないと感じている方、そういった人たちにオススメできる頼もしい一冊だと思います。ただ、本書でも幾度となく触れていますが、遺伝する確率は50%ですし、遺伝していても必ず発症するわけでもないので、まずは正確な情報を得ることが大切です。