今回は教育、それも保育に関する一冊。私は片親世帯で育ったということもあり、保育園出身なので気になって手にとってみました。

保育園義務教育化
小学館 (2015/7/1)
古市 憲寿   (著)

主な内容

もしも保育園が義務教育化されたなら、子どもの学力は向上し、児童虐待は減少し、景気まで回復する。乳幼児教育は将来の年収や治安までも変える。そんな少子化対策への閃光の一手を社会学者が提言し掻き下ろした一冊です。

感じたこと

私も普段から少子化問題は、今の日本にとって深刻で非常に重要な問題だと感じています。その改善の一手として保育園の義務教育化という内容に惹かれ読んでみましたが、なかなかユニークな内容だと思います。特に「お母さん」が人間扱いされていない、母性本能の根拠など、確かにと感じさせられる部分が多々あり、非常におもしろい一冊だと思います。
ただ、内容に沢山の過去のデータを参照している記述があるにもかかわらず、そのデータの表などが一切ない点が唯一の不満点でした。

終わりに

少子化問題の対策のひとつとして、保育園義務教育化を唱えた一冊ですが、内容はそれだけにとどまらず、「お母さん」の存在や乳幼児教育、日本の過去や政治家たちの矛盾など、多岐に渡って解説されています。子育て世代はもちろん、多くの人に読んでもらいたい一冊です。