本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

2015年12月

年末年始にかけていろいろ読んでみようと思い、今までと違ったジャンルの本を手にとってみました。以前からなんとなくですが、「死」や「自我」に関してもっと勉強してみたいという気持ちがあったので、今回は「自殺」に関する一冊です。こういうふうに書くと重々しい感じが
『【道徳】自殺志願者でも立ち直れる』の画像

今回も、ガンに関する一冊です。手術などの外科療法、抗がん剤などの化学療法、それに放射線治療のガン三大療法とは違う、免疫療法に関する内容です。免疫療法の中でも水溶性キトサンに焦点を当てて、効能や体験談などが記されています。【ガンは免疫療法で治る】東洋出版(20
『【医学】ガンは免疫療法で治る』の画像

前回の長い本とは違い、今回は比較的短めです。ファインマンシリーズ同様、こちらもいろんな種類を読もうと思っている「ガン」関連の本です。前のは「抗がん剤」でしたが、今回読んだのは「乳がん」に関する一冊です。解説というよりかは、著者の体験記のような内容になって
『【闘病】女医が乳がんを乗り越えた時―「乳がんです。乳房全摘です」』の画像

今回は、久しぶりとなるファインマンに関する本です。私が読書を始めた際の最初の本がファインマンシリーズだったことと、私に本を薦めてくれた人もファインマンに関する本を一時期ハマって沢山読んだと言っていたので、私も再びファインマンに関する本を読むことにしてみま
『【物理】ファインマンさんの流儀―すべてを自分で創り出した天才の物理学人生』の画像

今回は、今までの物理関係の本から一旦離れて、ガン治療、それも抗がん剤治療に関する本です。最近は有名人のガンとの闘病生活が話題になることも多いですが、その中でも抗がん剤治療を行う際に、知っておくと非常にためになることが、分かりやすく記されています。 抗がん
『【医療】抗がん剤治療を受けるときに読む本』の画像

本を読む習慣がなかったので、最初は1冊に2週間ほどか買っていましたが、少しずつ読むペースが上がってきたような気がします。今回も物理に関する一冊です。 量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス) 講談社 (2008/5/21)コリン・ブルース (著),
『【物理】量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)』の画像

↑このページのトップヘ