本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

2015年11月

前回、物理学者の自叙伝を読んだ際に、むかし物理学に興味があってよくサイエンス動画を観ていたことを思い出しました。加えて、図書館でたまたま目に付いて手に取った本の著者が、むかしサイエンス動画を観て非常に興味を引かれたマレット教授だったこともあり、3冊目はこれ
『【物理】タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録』の画像

二冊目となる本は、もちろん前回の続きに当たる「ご冗談でしょう、ファインマンさん(下)」です。ご冗談でしょう、ファインマンさん―ノーベル賞物理学者の自伝〈2〉 岩波書店 (1986/7/4)リチャード P. ファインマン   (著),    大貫 昌子 (翻訳)ノーベル賞物理学者、R
『【自伝】ご冗談でしょう、ファインマンさん(下)』の画像

私は子供のころに図書室などで本を少し読んだりはしたけど、大人になってからは本を読むという習慣が全くない生活を送っていました。そんな中、何人かの読書好きの人と出会い、読書週間ということもあり、これを機に本を読んでみようと思い、まずは愛読家の方にオススメの本
『【自伝】ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)』の画像

↑このページのトップヘ