本とのトコロ

知り合いに勧められ、いままでほとんどしてこなかった【読書】を始めてみました。
書評、ブックレビューを掲載しています。

本とのトコロ イメージ画像

更新情報

今回も「ガン・抗がん剤」関連の本、特に抗がん剤の副作用に対する治療・対処法がメインとなる一冊です。全体のページ数がそれほど多くないので、専門書というよりかは簡単な情報だけを抜粋している感じの仕上がりになっています。 抗がん剤治療中の生活ケアBOOK 実業之日本
『【医療】抗がん剤治療中の生活ケアBOOK』の画像

今回は抗がん剤や免疫療法などのような「治療」に関するものではなく、患者さん自らが執筆した闘病・体験記を手にとってみました。以前、乳がんを患った女医さんの本を読んだときにも感じましたが、やはり経験者自らがその体験を記した内容は、非常にリアルで伝わってくるも
『【闘病】乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 ~私たち100人の乳がん体験記』の画像

去年、身内の病気などで最悪の場合も考えておかなければならないと思い、その際に必要になる手続きなどが分かりやすく解説されていそうな本書を見つけて手にとってみました。最初に目次を読んで、こんなにも沢山の手続きをする必要があるのかと感じましたが、その分知ってお
『【法律】大切な家族が亡くなった後の手続き・届け出がすべてわかる本』の画像

再び「ガン・抗がん剤」関連の本です。いくつかある種類の中で、抗がん剤に焦点を当てている一冊です。そのため、今まで読んだような免疫力に関することや、治療中の心理的ケアについてはあまり記載されていません。それよりも抗がん剤治療を受ける際の副作用についてが、非
『【医学】抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本』の画像

久しぶりのファインマンシリーズです。前回の「ご冗談でしょう、ファインマンさん」の続編にあたる一冊ですが、本書ではファインマンにとっての最愛の人「アーリーン」との馴れ初めや、ファインマンの逸話で有名なスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故調査について
『【自伝】困ります、ファインマンさん』の画像

年末年始にかけていろいろ読んでみようと思い、今までと違ったジャンルの本を手にとってみました。以前からなんとなくですが、「死」や「自我」に関してもっと勉強してみたいという気持ちがあったので、今回は「自殺」に関する一冊です。こういうふうに書くと重々しい感じが
『【道徳】自殺志願者でも立ち直れる』の画像

今回も、ガンに関する一冊です。手術などの外科療法、抗がん剤などの化学療法、それに放射線治療のガン三大療法とは違う、免疫療法に関する内容です。免疫療法の中でも水溶性キトサンに焦点を当てて、効能や体験談などが記されています。【ガンは免疫療法で治る】東洋出版(20
『【医学】ガンは免疫療法で治る』の画像

前回の長い本とは違い、今回は比較的短めです。ファインマンシリーズ同様、こちらもいろんな種類を読もうと思っている「ガン」関連の本です。前のは「抗がん剤」でしたが、今回読んだのは「乳がん」に関する一冊です。解説というよりかは、著者の体験記のような内容になって
『【闘病】女医が乳がんを乗り越えた時―「乳がんです。乳房全摘です」』の画像

今回は、久しぶりとなるファインマンに関する本です。私が読書を始めた際の最初の本がファインマンシリーズだったことと、私に本を薦めてくれた人もファインマンに関する本を一時期ハマって沢山読んだと言っていたので、私も再びファインマンに関する本を読むことにしてみま
『【物理】ファインマンさんの流儀―すべてを自分で創り出した天才の物理学人生』の画像

今回は、今までの物理関係の本から一旦離れて、ガン治療、それも抗がん剤治療に関する本です。最近は有名人のガンとの闘病生活が話題になることも多いですが、その中でも抗がん剤治療を行う際に、知っておくと非常にためになることが、分かりやすく記されています。 抗がん
『【医療】抗がん剤治療を受けるときに読む本』の画像

本を読む習慣がなかったので、最初は1冊に2週間ほどか買っていましたが、少しずつ読むペースが上がってきたような気がします。今回も物理に関する一冊です。 量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス) 講談社 (2008/5/21)コリン・ブルース (著),
『【物理】量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)』の画像

前回、物理学者の自叙伝を読んだ際に、むかし物理学に興味があってよくサイエンス動画を観ていたことを思い出しました。加えて、図書館でたまたま目に付いて手に取った本の著者が、むかしサイエンス動画を観て非常に興味を引かれたマレット教授だったこともあり、3冊目はこれ
『【物理】タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録』の画像

↑このページのトップヘ